枠付きフェンス:横板C 隙間15ミリ 国産杉 3方枠 幅410~500mm×高さ1816mm お得クーポン発行中 受注生産 ゴム脚10mm×奥行52mm ゴム脚付け加工あり 特大商品 6529円 枠付きフェンス:横板C(隙間15ミリ)◇国産杉【3方枠】幅410~500mm×高さ1816mm+ゴム脚10mm×奥行52mm●ゴム脚付け加工あり[受注生産] 【特大商品】 花・ガーデン・DIY エクステリア・ガーデンファニチャー ガーデンファニチャー ラティス 6529円 枠付きフェンス:横板C(隙間15ミリ)◇国産杉【3方枠】幅410~500mm×高さ1816mm+ゴム脚10mm×奥行52mm●ゴム脚付け加工あり[受注生産] 【特大商品】 花・ガーデン・DIY エクステリア・ガーデンファニチャー ガーデンファニチャー ラティス /reshape1932586.html,6529円,枠付きフェンス:横板C(隙間15ミリ)◇国産杉【3方枠】幅410~500mm×高さ1816mm+ゴム脚10mm×奥行52mm●ゴム脚付け加工あり[受注生産],【特大商品】,花・ガーデン・DIY , エクステリア・ガーデンファニチャー , ガーデンファニチャー , ラティス,bagdad-creations.com /reshape1932586.html,6529円,枠付きフェンス:横板C(隙間15ミリ)◇国産杉【3方枠】幅410~500mm×高さ1816mm+ゴム脚10mm×奥行52mm●ゴム脚付け加工あり[受注生産],【特大商品】,花・ガーデン・DIY , エクステリア・ガーデンファニチャー , ガーデンファニチャー , ラティス,bagdad-creations.com 枠付きフェンス:横板C 隙間15ミリ 国産杉 3方枠 幅410~500mm×高さ1816mm お得クーポン発行中 受注生産 ゴム脚10mm×奥行52mm ゴム脚付け加工あり 特大商品

ハイクオリティ 枠付きフェンス:横板C 隙間15ミリ 国産杉 3方枠 幅410~500mm×高さ1816mm お得クーポン発行中 受注生産 ゴム脚10mm×奥行52mm ゴム脚付け加工あり 特大商品

枠付きフェンス:横板C(隙間15ミリ)◇国産杉【3方枠】幅410~500mm×高さ1816mm+ゴム脚10mm×奥行52mm●ゴム脚付け加工あり[受注生産] 【特大商品】

6529円

枠付きフェンス:横板C(隙間15ミリ)◇国産杉【3方枠】幅410~500mm×高さ1816mm+ゴム脚10mm×奥行52mm●ゴム脚付け加工あり[受注生産] 【特大商品】





トップページ gt; 枠付きフェンス:横板 gt; 横板C【3方枠】 gt; 幅500×高さ1819

その他のサイズ・商品の詳細はコチラ



フェンス ラティス 目隠し ベランダ ハンギング

商品説明
シンプルなデザインの横板フェンスです。
サイズオーダー可能なので、ピッタリサイズが見つかるはず。
目隠し、壁隠し、ハンギング等自由にご利用下さい。
SPEC
幅410~500mm×高さ1816mm+ゴム脚10mm×奥行52mm
横板間の隙間:15mm

【3方枠/ゴム脚あり】
・下枠がないタイプ(枠がない分安価です)
・ゴム脚は標準で取付済
※ブロックの上などに置くことを想定した商品です。
組立
不要(完成品でお届けします)
素材・生産
SUGI(国産杉:宮崎県飫肥杉)
gt;gt;樹種について

WOODPROで使用している樹種は宮崎県の飫肥(おび)地方で、江戸時代から植林されてきた「飫肥杉」になります。
飫肥杉は樹脂分が多く、湿気や虫害に強い事から主として「造船用材(弁甲材)」として利用されてきました。飫肥杉の中でも特に腐り難く赤みの部分を厳選した材料を使用しています。
商品の生産は、世界遺産「宮島」がある、広島県廿日市市の本社工場で一つ一つ手作りで行っています。
色・塗装

gt;gt;色見本請求(無料サービス)
関連商品
・フェンス固定金具
・枠付きフェンス専用笠木
gt;gt;オプション商品

gt;gt;結束バンド




枠付きフェンス:横板C(隙間15ミリ)◇国産杉【3方枠】幅410~500mm×高さ1816mm+ゴム脚10mm×奥行52mm●ゴム脚付け加工あり[受注生産] 【特大商品】

エディターズチョイス

弾道ミサイル「スティレット」:特性と写真

NATO分類を通過したStilettoミサイル(SS-19 Stiletto)、または我が国でマークされているRS-18クラスUR-100N UTTHは、依然として最も先進的な大陸間弾道ミサイル(ICBM)の1つです。世界です。 そして、これは彼女が40年以上前に戦略的ミサイル軍でサービスに入ったという事実にもかかわらずです... Chelomeyのコンセプト 1969年の初秋に、V. N. Chelomeyが率いる中央機械建築設計局と、V. N. Bugayskyが率いるTsKBMの支店1号が、対地クラスのRS-18大陸間弾道ミサイルの開発を始めました。 。 プロジェクトに着手して、V.N. Chelomeyは信頼性があり効果的なミサイルシステムの創設に基づいたコンセプトに従うことを試みました。 そのようなアプローチは配備されたミサイルの総数を増加させるでしょう

興味深い記事

オゾン発生器:利点と機能

推奨されます

人気の投稿

人気の投稿